blog
Pocket

腹筋をしたらお腹周りが痩せるのか?!

今回は「部分痩せ」についてお話します!

部分痩せというワードはよく目にしますよね、お腹周りや二の腕の部分痩せをしたいと考える人は多くいると思います。

しかし実際に部分痩せというのはできるものなのでしょうか?!

結論、それはできません。

人間の身体は、落としたい部分の脂肪だけを都合よくできるようなシステムにはなっていないのです。

腹筋トレーニングや二の腕に効かせるトレーニングは鍛えれば筋肉がついて引き締まって見えるようになることはあるものの、その運動をしたところで動かした部分の脂肪が燃えるわけではないのです。

 

 

部分痩せができない理由①

一つ目の理由として個人的要素があります。
人の身体には脂肪を分解しやすい場所とそうでない場所があります。それは遺伝的なものであり、例えば、お腹周りがほかの部位に比べて瘦せにくい人もいます。

男女間でも違いがあり、女性の場合、その特性として子宮回りを保護するという極めて生物的な理由から腹回りの皮下脂肪が付きやすくできている。男性の場合は内臓脂肪がつきやすくポッコリお腹になりやすいという遺伝的要素があります。

これらは生まれ持ったものであり、後天的にどうにかすることはできないので受け入れるしかないのですね。

 

 

部分痩せができない理由②

一部だけの脂肪燃焼ができない理由として、脂肪の分解・燃焼についての理解が必要です。

脂肪の分解と燃焼にかかわる「グルカゴン」というホルモンがあるのですが、このグルカゴンは血糖値が下がった時に筋肉や脂肪に働きかけて分解し、血糖をつくることを助けます。

分泌されたグルカゴンは血液に乗って体内を巡りながら脂肪を分解します。

そのため、腹筋をしたからといって都合よくグルカゴンがお腹周りの脂肪に作用することはないのです。反応しやすい部分、しにくい部分は①でも説明した通り遺伝的な要素がありますから、人それぞれなんですね。

 

 

ではお腹を痩せるにはどうすればいいのか!?

お腹周りを痩せたいと願う方はどの方法が効果的なのかというと、

全身を満遍なく動かして、身体全体の代謝を上げる」ことです。

身体全体の代謝を活性化させることが脂肪燃焼に効率よく効く方法なのです。腹筋トレーニングはお腹の小さな筋肉しか使わないので、代謝を上げたいのであれば下半身のトレーニングや大きな筋肉をしっかり動かしてあげましょう。ひたすら腹筋トレーニングを繰り返すよりも遥かに効率的です。

そして脂肪をなくすには「分解」→「燃焼」させなければなりません。そのためには身体を分解モード(アンダーカロリーの状態にさせる)にしなければならないので食事のコントロールは必要ですね。

痩せにくい部分があるのであれば、脂肪を燃やす唯一の機関である筋肉をしっかりつけていきながら根気強く続けることです!

必ず理想のボディを手に入れる日は訪れます★

 

 

まとめ

身体はひとつの一貫したシステムであるため、腹筋トレーニングだけをしたところで一部分の脂肪だけを都合よく燃やすことは残念ながらできません。

全身を満遍なく動かして全身の代謝を活性化させることと、脂肪分解モードにすることが必須条件。

ちなみに、エステのお腹痩せ施術も同じです。お腹周りの脂肪を分解しても「燃焼」するところまで行わなければ脂肪はなくなりません。なんとなくお腹周りが痩せたような気がするかもしれませんが、代謝力が低い方は燃焼させることが難しいのです。。

要は、「代謝活性に筋肉は大事である」ということですね☆

 

 


【パーソナルトレーニングの体験ご予約】
03-6874-3199
お問い合わせフォーム
✉info@styleshown.tokyo

お名前、ご連絡先、予約ご希望日時をお送り下さい。

 

Instagramでジムの様子が見れます♪

STYLESHOWNのInstagramはこちら
トレーニングの様子など随時UPしています!
筋トレ豆知識、自宅トレーニング法の情報も毎週アップしています★

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。