blog
Pocket

 

あなたの知らない「筋トレ」の世界


こんにちは!赤坂パーソナルトレーニングジムSTYLESHOWNです!

今回は②の脳内で脳由来神経栄養因子「BDNF」が増え「脳」が変わる効果について

お話します。

 

『激しい運動が、脳内で脳由来神経栄養因子「BDNF」を増やし「脳」が変わる!』

2015年
アルバロ・フェルナンデス、エルコノン・ゴールドバーグ、パスカル・マイケロン
などによって書かれた

「脳を最適化する ブレイン・フィットネス完全ガイド」によると
慢性的ストレスは神経細胞の死を招くだけでなく
神経細胞の新生を妨げる

そして
激しい運動は神経細胞新生と神経細胞間の結合を促す
と言っています。

 

より多く運動している人に比べ
あまり運動しない人はストレスにより海馬の萎縮が強く現れることも
報告されているそうです。

 

また、激しい運動をすることで
BDNF(脳由来神経栄養因子)が放出され
あらたなニューロンを作るための重要な役割を果たすと言っています。

 

BDNFが放出されると
IGF-1(インスリン様成長因子)、VEGF(血管内皮成長因子)、FGF-2(繊維芽細胞成長因子)
といったホルモンが分泌され
血液脳関門という関所を通過し脳内へ入ります。

 

これら成長因子がBDNFと協働し学習にかかわるメカニズムを活性化するとしています。

 

つまり

運動

ニューロンを新生する成長因子

ニューロン間の新しい組み合わせが生まれる

という現象が生じます。

 

思考というのは
「どこのニューロンが電気を流すか」
というパターンにより決まるので

新しいニューロンができるということは
「新しい思考が生まれる、すなわちクリエイティブになる」
ということに他ならないのです!

 

次に

「脳を最適化する ブレイン・フィットネス完全ガイド」では
主に激しい運動とは
有酸素運動をするということで報告されているのですが
近年さらに筋トレのBDNF生成に関する報告がなされています。

 

マードック大学の研究チームによると
筋トレのメニュー内容により
よりハードな負荷をかけたものと
そうでないものの2つの被験者グループに分け
実験を行ったというものです。

 

この結果は
1セットあたり10回で限界を迎えるセットを
1分間の休憩をはさんで3セット行うグループが
より有意にBDNFの増加がみられた
というものです。

 

このメニューは筋肉を発達させる王道のメニュー
一般に
いわゆる筋トレとして取り組まれるものです。

 

ゆえに
激しい運動が、脳内で神経栄養因子「BDNF」を増やし「脳」が変わる!
は間違いない事実なのです。

「慢性的なストレスからの脱却」
「アイディアがどんどん浮かぶクリエイティブな脳」
を手に入れましょう☆

4月、5月の入会キャンペーンのお知らせです!

【先着5名様】限定!!!

★入会金無料

★24回コース→10%OFF

※5月31日までの新規ご入会


【ご予約】
03-6874-3199
お問い合わせフォーム
✉info@styleshown.tokyo

お名前、ご連絡先、予約ご希望日時をお送り下さい。

 

Instagramでジムの様子が見れます♪

STYLESHOWNのインスタアカウントはこちら
トレーニングの様子など随時UPしています!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。