blog

こんにちは!赤坂パーソナルトレーニングジムSTYLESHOWのちはるです。
今回のブログではO脚、X脚が気になる方へ、その原因と改善法を分かりやすくお伝えしたいと思います。

O脚、X脚の方でも自分で自覚がある方もいらっしゃれば、そうでない方もいます。
お尻の張り出しが気になる、下半身が痩せずらい、と感じている方の中には、
O脚・X脚の根本的な原因の解消がボディラインを理想に導くことになるかもしれません。

 

人の足の形はどう形成されてくるのか?


多くは、赤ちゃんの2歳ごろまでがO脚傾向。
その後、足首の関節が外側に向く「外反傾向」になり、3~4歳でむしろX脚になります。
生まれたときはみんなO脚。そして3歳頃にX脚になるのは普通のことなのです。
その後「内反傾向」が現れ、小学生になる頃には大人と同じ足の形として完成していきます。

脚の形が形成されていく要因となるものには
●遺伝的要素 ●生活習慣 ●筋力のつきかた があり、
特に歩き方、座り方の癖に影響され、ガニ股や足を開く癖によって膝が開いたO脚になったりします。

 

O脚・X脚の根本的な原因は?

O脚・X脚の根本的な原因は股関節の内旋です。
股関節が内旋していると、膝のお皿が内側になります。
お皿が内向きで両膝間に隙間があるとO脚、
お皿が内向きで重心が内側にあると両膝がくっついたようになりX脚となります。

股関節が内旋していると、骨盤、股関節周りにある筋肉が本来と違う位置にあることになり、
背面にあるはずの筋肉や脂肪が広がったようにつき、下半身がぼてっと張り出したように見えます。
これが下半身太りになる一つの要因です。

 

真っ直ぐな脚を取り戻すには?!

XO脚の要因となるのは股関節の内旋でした。
その股関節を正常な位置に整えるために、コルセットで固定したり、整体だけではどうしても治りません。
なぜなら、骨盤を正しい位置におくには筋肉が必要だからです。
筋肉をつける行動をしなければ根本的な解決には至らないということです。

ではどの筋肉をつけたらよいのか?
というと、「股関節の外旋筋群」ということになります。
外旋は文字通り、外側に回旋させるということ。
立った状態では脚を外側に回旋させる、つまり股関節を動かしてつま先を外側に向ける動きです。(股関節をねじり開くようなイメージ)

股関節外旋は主に
上・下双子筋、内・外閉鎖筋、梨状筋、大腿方形筋で行われ、
これらの筋は大臀筋(お尻)の深層にあり、深層6筋と呼ばれたりします

外旋筋群は骨盤と大腿骨をつないでおり、足部を浮かした上体では大腿骨を外側に回します(外旋)

 

外旋筋群を鍛えるメリット


外旋運動をすることで膝蓋骨、下腿骨が正常な位置に戻り、大腿部がまっすぐに
更に、外旋筋群の強化でお尻が引き締まりヒップアップもできちゃいます★
また、骨盤の前傾によって出っ張りがちな下っ腹も骨盤が正常な位置に立つことで引っ込むのです!!

どうですか??
是非鍛えたい筋肉ですよね!!

どんなトレーニングメニューがあるのかは次回お話します^^

 

 

 


只今冬のキャンペーン中!!


1月中にお問い合わせ頂いたお客様限定で
20,200円引きいたします★
是非この機会にお問い合わせください。

LINEからもご予約可能です。
友だち追加

 


【パーソナルトレーニングの体験ご予約】


LINEからもご予約可能です。
友だち追加

お問い合わせフォームはこちら
✉info@styleshown.tokyo

お名前、ご連絡先、予約ご希望日時をお送り下さい。

 

Instagramでジムの様子が見れます♪

STYLESHOWNのInstagramはこちら

トレーニングの様子など随時UPしています!
筋トレ豆知識、自宅トレーニング法の情報も毎週アップしています★

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。